紙質とインクの選び方

普段使用しているインクは、どうやって選んでいますか?「なんとなく安いもの」「なんとなく定番のもの」をチョイスするのは、決して間違いではありません。
しかし、使用する紙質に合わせてインクをチョイスすると、より良い仕上がりを実現することが出来るのもまた事実なのです。
インクと紙質には、相性があるもの。
逆に言えば、どんなに良いと評判のインクを使っても、どんなに高価な紙を用いても、この二つの相性が悪ければ、決して良い仕上がりのものを手にすることは出来ないのです。
これは、たとえばプリンターの印刷であったり、万年筆などをはじめとしたペン類のインクであっても同じです。
今まで、良い便せんと良いペンを使っているはずなのに、どうにも書きにくい手紙と言うのはありませんでしたか?それはもしかしたら、あなたの使用している紙の質と、インクの質の相性が、合っていなかったのかもしれません。


しかし、とは言っても現実問題、相性が良いインクや紙を、ひとつひとつ選んでいくのはなかなか難しいものがありますよね。
万年筆であれば、実際に使用出来る範囲にそのインクがなければ厳しいものがありますし、市販のペンでカートリッジが対応していないものもあるでしょう。
プリンターであってもそれは同じことですから、相性の良いインクがあったとしても、機械が対応していないので使用出来ないということはあり得るのです。
予算の関係もありますしね。


当サイトでは、このように紙質からインクを選ぶことについて解説します。

Copyright © 2014 紙質でインクを選ぶ All Rights Reserved.